2006年06月の記事

スポンサーサイト

ブライダルホワイトとピエール

ピエール・ドゥ・ロンサールと、近い場所に植えているブライダルホワイト・・・2種類共、最初から虫の被害や薔薇病(黒点やうどん粉)などにかかってしまい、見れた姿ではありません。綺麗に咲かせられたなら        名の通り、花嫁さんのブーケに、お似合い。。。真ん中が少しピンクぽくって、優しい雰囲気の上品な薔薇なのですが、、、最後の画像は、昨日のひらひらの花びら”ピエール・ドゥ・ロンサール・・・一度枯らし...

薄紫系の薔薇

昨夕初めて開花したハイブリットティーローズ「ワルツタイム?」は・・・香水のような、いい香のする大輪系の薔薇(四季咲き)のようですが、、、一日経つと、もうこんな状態になりました。花びらが変化すると、別薔薇のような感じもします。...

クレマチスの花を、すべてカット・・・

今日は暑くなりそうだったので、朝早く(5時半)から、手製ジャンボアーチのクレマチスの花のカット作業にかかりました。今年はこれが最後だと思い、作業(梯子)しながら、合間にシャッターを押しました。今迄にない近い距離ですが、朝から陽射しが強い。。。逆光も気にせずに、パチパチ、、、先に咲いていたピンク系のクレマチスは、種になる準備をし遅い子が、葉の間からいくつか咲いていましたが、、、この子達には、今迄気付...

待望のジャックマニー系・・・

こちらは入梅したものの、今日までに、雨は一日だけでしたが、、、明日(予報)は、梅雨らしくなりそうです。風も出て来ました。待望のジャックマニー系(中国原産の大輪種ラヌギノーサとビチセラの交配種)の クレマチスは・・・前の年に伸びた枝は枯れてしまい、また新たに梢が伸びてから、その節々に花を付ける新梢咲き(丸みを帯びた剣弁花)のようです。手製ジャンボアーチのツルも、元気過ぎて。。。思うようにうまく沿って...

手製ジャンボアーチの、バラとクレマチス(共演)

原種のロサ ムルティフローラ・・・イチゴの花のような小花を咲かせるノイバラは、 秋に実らせる赤い小粒の果実が好きで、育てていましたが、、、ナニワイバラの方が、負けてしまってからは、バッサリ!切ってしまいました。枯れたのか?これっきり出て来ないと思っていたノイバラが、今年は芽を出したので、少しだけ咲かせました。バラの台木にも使われるだけあって、丈夫なようです。でも花は虫の被害に遭い、花はボロボロ状態...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。